不動産 PR

【宅建士の父に聞く】田舎の空き家を賃貸に出す方法をまとめてみた【賃貸の実績あり】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
悩める田舎の長男

田舎の長男で空き家を相続するから、賃貸に出したいんだけど、どうすれば良いのかな?

悩める田舎の長男

空き家を賃貸に出すメリット・デメリットを知りたいな。

こんな悩みはありませんか。

田舎の空き家を賃貸に出すことで得られるメリットは、家賃収入をはじめ魅力的です。

一方、入居者からの要望に応えなければならないなどデメリットもあります。

この記事では、田舎の空き家を賃貸に出す方法について詳しく解説します。

また、空き家を賃貸に出すのメリット・デメリットや賃貸以外の活用方法もあわせて解説しますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

田舎の空き家を価値ある資産にしていきましょう。

筆者のおすすめは、まず空き家の価値を知ることです。

空き家の適正な価格を知ることができれば、売却や賃貸、活用方法の選択に役立ちます。

不動産買取カウンターなら、対象エリアが全国で、無料で一括査定依頼ができます。

まずはあなたの空き家の価値を知るところから始めてみてはいかがでしょうか。

不動産買取カウンターの画像
田舎の不動産売るなら!「不動産買取カウンター」で最高の買取業者を見つけよう 悩める田舎の長男 田舎に不動産を持っているけど、毎年固定資産税はかかるし、修繕するのも取り壊すのもお金がかかるよね・・・。 ...

【この記事における専門性・信頼性の担保】
長年に渡って金融機関の不動産部門で活躍し、退職後も宅建士として活躍する父から話を聞いて作成しています。父は実際に元々住んでいた家を賃貸に出して約20年間家賃収入を得ています。

Contents

田舎の空き家を賃貸に出す方法

田舎の空き家を賃貸に出す方法を解説します。

以下3通りが考えられます。

順番に解説します。

地元の不動産会社に依頼する

最も一般体な方法が不動産会社に賃貸で募集依頼をすることです。

不動産会社に仲介を依頼することで、HPや雑誌への掲載、店頭への掲示などを行い、広く入居者を募集することができます。

基本的に募集自体に費用はかかりません。

不動産会社は、田舎の空き家の賃貸を仲介することで、仲介手数料を得ることができるからです。

不動産会社は、適正な家賃や、賃貸を希望する層のニーズなどに詳しいはずです。

不動産会社への依頼は最善策の一つと言えます。

空き家バンクへ登録する

空き家バンク制度を利用している自治体があるエリアであれば空き家バンクへの登録の効果的です。

空き家バンクとは、空き家を自治体のHPに登録し入居者を募集する制度です。

魅力のある地域だと、そのエリアに住んでみたいと思う人も多く、自治体のHPに掲載し、借主を探すことができます。

エリアに特化した賃貸情報ですので、物件情報自体はそこまで多くはありません。

しかし、自治体のHPから紹介を受けることにより自治体の補助金制度も利用しやすいといったメリットもあります。

ご近所さんに話してみる

田舎の空き家を賃貸に出す場合、状況によっては近隣住民が引っ越したい場合や、知り合いが家を探しているという情報を持っている場合があります。

近所の人に賃貸で貸し出したいと話をすると、思わぬ情報を得ることができるかも知れません。

近隣住民に紹介してもらうと、近所に知り合いがいますので、入居希望者に対する安心感も出ます。

効果的な募集方法のひとつといえるでしょう。

田舎の空き家を賃貸に出すメリット

田舎の実家を賃貸に出すメリットについて解説します。

順番に解説します。

悩める田舎の長男

家賃収入っていい響きですよね。

家賃収入を得ることができる

最も大きなメリットは家賃収入を得ることができる点です。

田舎の空き家を放置すれば維持管理費や固定資産税がかかります。

賃貸に出して家賃収入を得ることができれば、維持管理費や税金にかかる費用に充てることができます。

また、不動産という資産からの収入は比較的安定していることで知られています。

建物の維持管理の手間が少なくなる

田舎の空き家を特に活用することもなくそのままの状態にしておくと、定期的な維持管理が必要です。

室内の換気や植木の剪定などを行い、修繕個所を早めに見つけて対処するためには定期的に田舎の空き家に通う必要があります。

しかし、賃貸に出せば、入居者が生活すること自体で自然と維持管理に繋がり、修繕個所などが見つかると入居者から連絡があるのでわざわざ通うする必要がありません。

資産価値の維持に繋がる

田舎の空き家にも、不動産としての立派な資産価値があります。

しかし、人が住んでおらず、維持管理を怠ってしまうと価値がどんどん下がっていきます。

賃貸に出して入居者が実際に生活することで、しっかりと換気ができたり、修繕個所などが早めに見つかったりして、建物の維持管理=資産価値の維持ができます。

固定資産税が安い

田舎の空き家も固定資産税などの税金がかかることを述べました。

実は、建物が建っている土地は、「宅地」となり通常かかる固定資産税よりも減額される特例があります。

しかし、活用せずに悪くなった状態を放置してしまうと、自治体から「特定空き家」に指定されてしまい、上記特例から除外されてしまいます。

賃貸に出すことで、維持管理ができていれば、「特定空き家」に指定されることはまずないでしょう。

田舎の空き家を賃貸に出すデメリット

田舎の空き家を賃貸に出す場合、当然デメリットもありますので、しっかりと理解した上で賃貸に出す必要があります。

悩める田舎の長男

結構きついな、、、自分にできるかな、、、

リフォームにお金がかかる

田舎の空き家を賃貸に出す場合、リフォームが必要な場合が多いでしょう。

リフォーム費用は建物の状態によって異なりますが、ときには数百万円もの金額になることもあります。

また、荷物が残っている場合もあり、片付けの費用も考えておかなければいけません。

賃貸に出すための初期投資に必要な額が決して安くない場合が多いという点に注意が必要です。

入居者からの修繕要請に対応しなければいけない

空き家状態のままだと、もし修繕個所が見つかったとしても、すぐに直す必要はありません。

しかし賃貸に出し、入居者から修繕の要請があると、直ちに修繕する必要があります

入居者が住みやすい状態を維持し続けることは、家主である所有者の義務です。

あまり資金がない場合でも、直ちに修繕する必要がありますので、これもデメリットといえます。

退去してもらうには立ち退き料の支払いが必要

当然ですが、いったん賃貸に出してしまうと自分たちで利用することが非常に難しくなってしまいます。

例えば急に自分たちが住みたいと思っても、入居者がいる場合は、当然簡単に退去してもらうことができません。

どうしてもすぐに退去してもらいたい場合は、立ち退き料を支払って退去してもらうことになります。

立ち退き料の相場は家賃の6〜12ヶ月分が相場と言われていますので、決して安くありません。

いずれ自分たちで住む予定があるのであれば、賃貸に出す場合の契約書であらかじめ期間を定めておくといった対策をしておかなければいけません。

入居者トラブルへの対応

賃貸に出すということは、いわゆる賃貸経営を行うオーナーとして入居者のトラブルに対応しなければなりません。

例えば、家賃の滞納があった場合の請求や、近隣とのトラブル対応などが考えられます。

不動産会社に管理を依頼することにより一定の管理料でこのような入居者対応は不動産会社に任せることも可能です。

しかし、費用がかかる点や不動産会社の対応が悪かった場合、さらなるトラブルに発展することも考えられます。

田舎の空き家を賃貸に出す以外の選択肢

空き家を賃貸に出すとメリットも多いですが、デメリットも多くあります。

賃貸に出す以外の選択肢を紹介します。

筆者のおすすめは、まず空き家の価値を知ることです。

空き家の適正な価格を知ることができれば、売却や賃貸、活用方法の選択に役立ちます。

不動産買取カウンターなら、対象エリアが全国で、無料で一括査定依頼ができます。

まずはあなたの空き家の価値を知るところから始めてみてはいかがでしょうか。

不動産買取カウンターの画像
田舎の不動産売るなら!「不動産買取カウンター」で最高の買取業者を見つけよう 悩める田舎の長男 田舎に不動産を持っているけど、毎年固定資産税はかかるし、修繕するのも取り壊すのもお金がかかるよね・・・。 ...

活用方法について以下の記事で紹介していますので、ご覧ください。

田舎の空き家の活用方法
【宅建士の父に聞く】田舎の空き家の活用方法をまとめてみた 悩める田舎の長男 田舎の空き家を相続するんだけど、何か良い活用方法はないかな? 悩める田舎の長男 色んな活用方法があるのはなん...

まとめ:田舎の空き家を賃貸に出す方法

この記事のポイントは以下のとおりです。

筆者のおすすめは、まず空き家の価値を知ることです。

空き家の適正な価格を知ることができれば、売却や賃貸、活用方法の選択に役立ちます。

不動産買取カウンターなら、対象エリアが全国で、無料で一括査定依頼ができます。

まずはあなたの空き家の価値を知るところから始めてみてはいかがでしょうか。

不動産買取カウンターの画像
田舎の不動産売るなら!「不動産買取カウンター」で最高の買取業者を見つけよう 悩める田舎の長男 田舎に不動産を持っているけど、毎年固定資産税はかかるし、修繕するのも取り壊すのもお金がかかるよね・・・。 ...
田舎の空き家の活用方法
【宅建士の父に聞く】田舎の空き家の活用方法をまとめてみた 悩める田舎の長男 田舎の空き家を相続するんだけど、何か良い活用方法はないかな? 悩める田舎の長男 色んな活用方法があるのはなん...
悩める田舎の長男

田舎の長男で、将来相続する家がある私としては、一括査定サービスに申し込んで、まずはどのくらいの価値があるのか知るところから始めるのが良いと考えています。

不動産買取カウンターの画像
田舎の不動産売るなら!「不動産買取カウンター」で最高の買取業者を見つけよう 悩める田舎の長男 田舎に不動産を持っているけど、毎年固定資産税はかかるし、修繕するのも取り壊すのもお金がかかるよね・・・。 ...