不動産 PR

【宅建士の父に聞く】田舎の空き家の活用方法をまとめてみた

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
悩める田舎の長男

田舎の空き家を相続するんだけど、何か良い活用方法はないかな?

悩める田舎の長男

色んな活用方法があるのはなんとなく分かるけど、実際上手くいくのかな・・・。

こんな悩みはありませんか。

田舎の空き家は適切に活用すれば新たな価値を生み出す可能性があります。

しかし、ただ放置するだけでは固定資産税の負担、管理コストの発生、自治体による「特定空き家」への指定などのデメリットがあります。

この記事では、田舎の空き家の活用方法について詳しく解説します。

また、空き家を放置することのデメリットや上手く活用できない場合の解決策もあわせて解説しますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

筆者のおすすめは、まず空き家の価値を知ることです。

空き家の適正な価格を知ることができれば、売却や賃貸、活用方法の選択に役立ちます。

不動産買取カウンターなら、対象エリアが全国で、無料で一括査定依頼ができます。

まずはあなたの空き家の価値を知るところから始めてみてはいかがでしょうか。

不動産買取カウンターの画像
田舎の不動産売るなら!「不動産買取カウンター」で最高の買取業者を見つけよう 悩める田舎の長男 田舎に不動産を持っているけど、毎年固定資産税はかかるし、修繕するのも取り壊すのもお金がかかるよね・・・。 ...

【この記事における専門性・信頼性の担保】
長年に渡って金融機関の不動産部門で活躍し、退職後も宅建士として活躍する父から話を聞いて作成しています。

Contents

田舎の空き家のおすすめ活用例11選

田舎の空き家は、適切に活用すれば新たな価値を生み出す可能性があります。

以下に、その活用例をご紹介します。

賃貸:希望者に貸出し家賃収入を得る

田舎の空き家を賃貸として活用することは、所有者にとって安定した家賃収入を得る良い方法です。

空き家を賃貸物件として提供することで、地域に新たな住民を呼び込み、地域社会の活性化にも寄与します。

また、賃貸物件として提供することで、空き家が老朽化したり、管理が行き届かない状態になるのを防ぐことができます。

しかし、賃貸として提供するには、適切な管理とメンテナンスが必要です。

また、賃貸契約には法律的な知識も必要となります。

そのため、不動産管理会社に管理を依頼することも一つの方法です。

田舎の空き家を賃貸に出す方法
【宅建士の父に聞く】田舎の空き家を賃貸に出す方法をまとめてみた【賃貸の実績あり】 悩める田舎の長男 田舎の長男で空き家を相続するから、賃貸に出したいんだけど、どうすれば良いのかな? 悩める田舎の長男 空き家を...

民泊・ゲストハウス:旅行者の安価な宿泊先の選択肢に

田舎の空き家を民泊やゲストハウスとして活用することで宿泊料を収入を得ることができます。

旅行者にとっては安価な宿泊先の選択肢となります。

注意点として、民泊やゲストハウスを運営するには、適切な設備とサービスを提供するための投資と労力が必要です。

そのため、事業計画をしっかりと立て、適切な資金調達を行うことが重要です。

以下の記事で民泊やゲストハウスの始め方を解説していますので、参考にしてください。

【宅建士の父に聞く】田舎の空き家をゲストハウスにする方法をまとめてみた
【宅建士の父に聞く】田舎の長男が空き家をゲストハウスにする方法をまとめてみた 悩める田舎の長男 田舎の長男で空き家を相続するんだけど、ゲストハウスにしてみようかな? 悩める田舎の長男 ゲストハウスの運営を...
田舎の空き家を民泊にする方法
【宅建士の父に聞く】田舎の空き家を民泊にする方法をまとめてみた 悩める田舎の長男 田舎の長男で空き家を相続するんだけど、民泊にしてみようかな? 悩める田舎の長男 民泊の運営を始めるにはどうす...

カフェやレストラン:隠れ家的で魅力的な店舗に

田舎の空き家をカフェやレストランとして活用すれば、隠れ家的で魅力的な店舗を作り出す絶好の機会です。

地元の食材を活用したメニューを提供することで、訪れる客に地域の風土を感じてもらうことができます。

また、その建物自体が地域の歴史や文化を反映している場合、それが店舗の魅力を一層引き立てます。

注意点としては、店舗を開業するには、適切な設備の整備や衛生管理、さらにはビジネスプランの策定など、多くの準備が必要です。

コワーキングスペース:フリーランスらの集いの場に

近年場所を選ばず働く方法が急激に増えています。

場所を選ばないと言っても仲間を求めている人も多く、そういう人達にとってコワーキングスペースは需要が高まっています。

アートスペース:地元の芸術家が作品を展示

田舎の空き家をアートスペースとして活用することは、地元の芸術家にとって作品を展示する場を提供し、地域文化の発展に寄与します。

アートスペースは、地域住民や観光客が新たな芸術作品を体験し、芸術家と直接交流する機会を提供します。

また、地元の芸術家が作品を展示することで、その作品が地域の魅力を引き立て、地域の認知度を高めることにもつながります。

注意点としては、アートスペースを運営するには、適切な設備の整備や展示の管理、さらにはプロモーションなど、多くの準備が必要です。

コミュニティセンター:地域住民が集まり、交流できる場所として

田舎の空き家をコミュニティセンターとして活用することは、地域住民が集まり、交流できる場所を提供する素晴らしい方法です。

コミュニティセンターは、地域の人々が互いに知識や経験を共有し、新たなアイデアやプロジェクトを生み出す場となります。

また、地域の文化や歴史を伝え、地域の絆を深める役割も果たします。

注意点としては、コミュニティセンターを運営するには、適切な設備の整備やプログラムの企画、さらには運営資金の確保など、多くの準備が必要です。

リノベーション:新たな住宅や事務所として

田舎の空き家をリノベーションして新たな住宅や事務所として活用することは、新たな価値を生み出す素晴らしい方法です。

リノベーションは、古い建物に新たな命を吹き込み、その魅力を再発見するプロセスです。

また、リノベーションは、地域の歴史や文化を保全しながら、新たな生活スタイルや働き方を提供することができます。

注意点としては、リノベーションを行うには、建築知識や設計の専門性、さらには適切な資金調達が必要です。

教育施設:地元の子供たちや大人が学べる教室として

田舎の空き家を教育施設として活用することは、地元の子供たちや大人が新しいスキルを学べる場となり、地域社会の教育水準を向上させる素晴らしい方法です。

教育施設は、地域住民が互いに知識や経験を共有し、新たな学びの機会を提供します。また、教育施設は、地域の文化や歴史を伝え、地域の絆を深める役割も果たします。

注意点としては、教育施設を運営するには、適切な設備の整備やカリキュラムの企画、さらには運営資金の確保など、多くの準備が必要です。

市場: 地元の農産物や手作りの商品を販売する場として

田舎の空き家を市場として活用することは、地元の農産物や手作りの商品を販売する場を提供し、地域経済の活性化に寄与します。

市場は、地域住民が自分たちの作った商品を直接販売し、その利益を得ることができます。

また、市場は地域の特産品を広く知らせ、地域の魅力を伝える役割も果たします。

注意点としては、市場を運営するには、適切な設備の整備や商品の管理、さらには運営資金の確保など、多くの準備が必要です。

イベントスペース: 地域の祭りやイベントを開催するスペースとして

田舎の空き家をイベントスペースとして活用することは、地域の祭りやイベントを開催する場となり、地域社会の活性化に寄与します。

イベントスペースは、地域住民が集まり、共通の体験を通じて絆を深める場となります。

また、地域の祭りやイベントは地域の文化を伝え、地域の魅力を広く知らせる役割も果たします。

注意点としては、イベントスペースを運営するには、適切な設備の整備やイベントの企画、さらには運営資金の確保など、多くの準備が必要です。

太陽光発電:屋根や空き地に発電パネルを設置して、自家利用や売電

田舎の空き地や空き家の屋根に太陽光発電パネルを設置することは、持続可能なエネルギー源を確保し、電力費を節約する素晴らしい方法です。

自家利用だけでなく、余った電力を電力会社に売電することで収入を得ることも可能です。

また、太陽光発電は環境に優しく、地球温暖化の防止にも寄与します。

注意点としては、設置には初期投資が必要であり、パネルの設置場所や向き、日照時間などを考慮する必要があります。

田舎の空き家を放置するとどうなる?

田舎の家を放置すると、様々なデメリットが生じます。

その中でも特に重要なのが、以下の3点です。

順番に解説します。

固定資産税がかかってしまう

所有者がいる不動産には、毎年固定資産税が課税されます。

これは、都市部だけでなく田舎の家でも、住んでいなくても当てはまります。

したがって、固定資産税の支払い義務は免れません。

固定資産税は、物件の価格や土地の広さ、建物の構造などによって決まります。

田舎の家でも、土地が広い場合や古い家屋が残っている場合などは、思った以上に高額な税金がかかることがあります。

管理コストが発生する

また、家を適切に管理するためには、定期的なメンテナンスや修繕が必要となります。

これらの作業は専門的な知識や技術を必要とするため、専門業者に依頼するとそれなりのコストが発生します。

特に、田舎の家は都市部と比べて劣化が進みやすい傾向にあります。

自然環境の影響や、長期間の放置による老朽化などが原因となります。

そのため、放置していると次第に管理コストは増大していきます。

管理が不適切な場合「特定空き家」に指定される

さらに、管理が不適切な場合、自治体によって「特定空き家」に指定される可能性があります。

これは、近隣住民への影響や火災などのリスクを考慮した結果で、指定されると更なる負担が生じます。

特定空き家に指定されると、自治体から改善命令が出され、それに従わない場合は罰則が科されることもあります。

また、特定空き家に指定されると、その情報は公開されるため、物件の価値が下がる可能性もあります。

田舎の空き家がうまく活用できない時の解決策

ここまで記事を読んでくださったあなたは、田舎の空き家の活用方法や、放置することのデメリットがわかったと思います。

しかし空き家の活用には、リフォームや管理にかかるコスト、また新たな利用者を見つけることなど、様々な課題があります。

日々忙しい中でなかなか空き家の活用に時間を割くのは難しいですよね。ついつい後回しにして放置してしまうかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、まずは不動産一括査定サービスを使って空き家の価値を知ることです。

不動産一括査定サービスは、複数の不動産会社に一度に査定依頼ができ、各社の査定結果を比較することができます。

空き家の適正な価格を知ることができれば、売却や賃貸、活用方法の選択に役立ちます。

不動産買取カウンターなら、対象エリアが全国で、無料で査定依頼ができます。

田舎だから対象外、なんてことがないのが良いですね。査定したから絶対に売らないとダメ!なんてことはないと公式HPに明記されています。

まずはあなたの空き家の価値を知るのはとても良い手だと思います。

不動産買取カウンターの画像
田舎の不動産売るなら!「不動産買取カウンター」で最高の買取業者を見つけよう 悩める田舎の長男 田舎に不動産を持っているけど、毎年固定資産税はかかるし、修繕するのも取り壊すのもお金がかかるよね・・・。 ...

まとめ:田舎の空き家の活用方法と放置することのデメリットをまとめました

この記事のまとめです。

悩める田舎の長男

田舎の長男で、将来相続する家がある私としては、一括査定サービスに申し込んで、まずはどのくらいの価値があるのか知るところから始めるのが良いと考えています。

不動産買取カウンターの画像
田舎の不動産売るなら!「不動産買取カウンター」で最高の買取業者を見つけよう 悩める田舎の長男 田舎に不動産を持っているけど、毎年固定資産税はかかるし、修繕するのも取り壊すのもお金がかかるよね・・・。 ...