不動産 PR

【宅建士の父に聞く】田舎の長男が家を手放すためのコツをまとめてみた

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
悩める田舎の長男

田舎の長男で家を相続する予定なんだけど、できれば売りたいな・・・。

悩める田舎の長男

どうすれば売れるんだろう・・・。何かコツはあるのかな?

こんな悩みを抱えていませんか。

田舎の家を持っていると、自然とのつながりやゆったりとした生活を楽しむことができます。

しかし、その一方で、管理の問題や固定資産税の負担など、放置することのデメリットも存在します。

さらに、売却を考えたときには、都市部の物件と比べて難易度が高いことが多いです。

この記事では、田舎の家を放置するデメリットと、売却の際のコツについて詳しく解説します。

どうしても売れない場合の対処法についても触れていますので、ぜひ最後までお読みください。

【この記事における専門性・信頼性の担保】
長年に渡って金融機関の不動産部門で活躍し、退職後も宅建士として活躍する父から話を聞いて作成しています。

Contents

田舎の家を放置するデメリット

田舎の家を放置すると、様々なデメリットが生じます。

その中でも特に重要なのが、以下の3点です。

  1. 固定資産税の負担
  2. 管理コストの発生
  3. 「特定空き家」への指定の可能性

順番に解説していきます。

固定資産税がかかってしまう

所有者がいる不動産には、毎年固定資産税が課税されます。

これは、都市部だけでなく田舎の家にも当てはまります。

したがって、家を放置していても、固定資産税の支払い義務は免れません。

固定資産税は、物件の価格や土地の広さ、建物の構造などによって決まります。

田舎の家でも、土地が広い場合や古い家屋が残っている場合などは、思った以上に高額な税金がかかることがあります。

管理コストが発生する

家を適切に管理するためには、定期的なメンテナンスや修繕が必要となります。

これらの作業は専門的な知識や技術を必要とするため、専門業者に依頼するとそれなりのコストが発生します。

特に、田舎の家は都市部と比べて劣化が進みやすい傾向にあります。

自然環境の影響や、長期間の放置による老朽化などが原因となります。

そのため、放置していると次第に管理コストは増大していきます。

管理が不適切な場合「特定空き家」に指定される

管理が不適切な場合、自治体によって「特定空き家」に指定される可能性があります。

これは、近隣住民への影響や火災などのリスクを考慮した結果で、指定されると更なる負担が生じます。

特定空き家に指定されると、自治体から改善命令が出され、それに従わない場合は罰則が科されることもあります。

また、特定空き家に指定されると、その情報は公開されるため、物件の価値が下がる可能性もあります。

田舎の家の売却が難しい理由

田舎の家の売却は、都市部の物件と比べて難易度が高い傾向にあります。

その理由としては、需要と供給のバランス、立地条件、物件の特性などが挙げられます。

田舎の家は、一般的に都市部に比べて需要が少ないです。

また、田舎の家はしばしば広大な土地を伴うため、管理が大変であると感じる人も多いです。

立地条件も売却の難しさに影響します。

例えば、交通の便が悪い、商業施設や医療施設が遠い、自然災害のリスクが高いなどの条件があると、買い手を見つけるが難しくなります

さらに、田舎の家は古い建物が多く、リフォームや解体が必要な場合が多いです。

これらの作業は費用がかかるため、新たな所有者にとって負担となります。

田舎の家を売却するために押さえておくべきコツ

田舎の家を売却する際には、以下のポイントを押さえておくと良いでしょう。

  1. 空き家バンクに登録してみる
  2. 近隣住民に打診
  3. 地元の買取業者に買い取ってもらう

空き家バンクに登録してみる

空き家バンクは、自治体が運営する空き家情報のデータベースです。

ここに物件を登録することで、需要がある人々に情報を届けることができます。

空き家バンクは、移住を希望する人々や、田舎暮らしを検討している人々に利用されています。

そのため、空き家バンクに登録することで、新たな需要が見つかる可能性があります。

近隣住民に打診

近隣住民に売却の意向を伝えることも一つの方法です。

すでにその地域に住んでいる人ですから、物件に対する興味を持っている可能性があります。

また、物件を利用する新たなアイデアを持っている人もいるかもしれません。

例えば、共同で菜園を作る、地域の集会所とするなど、地域コミュニティの一部として活用することも考えられます。

地元の買取会社に買取ってもらう

地元の不動産買取会社に依頼することも考えられます。

地元の市場状況を熟知しているため、適切な価格での買取が期待できます。

また、買取会社は自社でリフォームや管理を行うことが多いため、その点でも負担を軽減することができます。

信頼できる地元の業者がいれば、そこに相談するのが一番でしょう。

どうしても売れない場合の対処法

どうしても売れない場合には、以下のような対処法があります。

寄付や贈与

寄付や贈与は、売却が難しい場合の一つの選択肢です。

これにより、少なくとも固定資産税や管理費の負担から解放されます。

寄付先としては、NPO法人や地域の公共団体などが考えられます。

また、贈与により、家族や親戚、友人などに物件を引き継ぐことも可能です。

一括査定サービスを使う

一括査定サービスを利用すると、複数の不動産会社から査定を受けることができます。

これにより、最も高い価格を提示した会社に売却することが可能となります。

また、一括査定サービスを利用することで、市場価格の参考にすることもできます。

不動産買取カウンターの画像
田舎の不動産売るなら!「不動産買取カウンター」で最高の買取業者を見つけよう 悩める田舎の長男 田舎に不動産を持っているけど、毎年固定資産税はかかるし、修繕するのも取り壊すのもお金がかかるよね・・・。 ...

まとめ:田舎の家を放置するデメリットと、売却の際のコツ

この記事のまとめです。

1.田舎の家を放置するデメリット:

  • 固定資産税がかかる
  • 管理コストが発生する
  • 不適切な管理が行われている場合、「特定空き家」に指定される可能性がある

2.田舎の家の売却が難しい理由:

  • 需要と供給のバランス
  • 立地条件
  • 物件の特性

3.田舎の家を売却するためのコツ:

  • 空き家バンクに登録する
  • 近隣住民に打診する
  • 地元の買取会社に依頼する

4.売れない場合の対処法:

  • 寄付や贈与を考える
  • 一括査定サービスを利用する
悩める田舎の長男

田舎の長男で、将来相続する家がある私としては、一括査定サービスに申し込んで、まずはどのくらいの価値があるのか知るところから始めるのが良いと考えています。

不動産買取カウンターの画像
田舎の不動産売るなら!「不動産買取カウンター」で最高の買取業者を見つけよう 悩める田舎の長男 田舎に不動産を持っているけど、毎年固定資産税はかかるし、修繕するのも取り壊すのもお金がかかるよね・・・。 ...